現在の位置
96頁
基礎工事5
基礎編(13/35)
100件以上を目標に割栗施工を続けました

この墓所は茨城県産「やさとみかげ」でつくりました。

場所が悪くても、どんな場所でも本来のレベルで施工をこなせる。当店ならではの経験が力を発揮します。

信用とは基礎工事を公開することです。地元の石屋さんに工事を頼むという見方が東日本大震災によって変化してきました。

基礎

場所が悪くても、どんな場所でも本来のレベルで施工をこなせる。当店ならではの経験が力を発揮します。

砕石40-80に型枠大工

砕石はc40-80という特殊な砕石を使用します。割栗とC40-80を使用するのは不同沈下を防ぐ為です。

割栗石の上に直接生コンを打設すると硬化後割れやすくなるので必ずc40-80を敷きます。

基礎工事に重要な型枠大工。弊社は型枠の厚さと同じ分の生コンを流しています。型枠の高さは1尺です。

型枠写真
砕石40-80に型枠大工
型枠写真

砕石はc40-80という特殊な砕石を使用します。割栗とC40-80を使用するのは不同沈下を防ぐ為です。

割栗石の上に直接生コンを打設すると硬化後割れやすくなるので必ずc40-80を敷きます。

基礎工事に重要な型枠大工。弊社は型枠の厚さと同じ分の生コンを流しています。型枠の高さは1尺です。

手間をかけた「あばら筋」を搬入

お墓の基礎に必要な「あばら筋」という組み方です。私たちは鉄筋技能も身につけていますので鉄筋加工までこなします。

簡単なダブル鉄筋と差別化の為に近年石材業もあばら鉄筋が増えてきました。

新規参入業者とは違い何100件以上の墓所工事を成した私たちの技術です。

基礎コンクリートに鉄筋を入れていない業者も多く、錆びた鉄筋を使う業者もいます。施工写真の公開も少ないので自分の目で確かめる必要があります。