現在の位置
94頁
基礎工事3
基礎編(11/35)
良い石材店を選ぶには基礎を比較する

 

この地域は積雪量が少ないのですが近くに標高900Mの山から風が吹き下ろす為に冬期気温が標高の関係でマイナス15度まで低下します。強固な耐寒基礎が必要になります。

2 根切測量(深さ1m60cm)

深さ約1メートル60センチ程にに根堀作業を行いました。

4 割栗地業

c150mm~200mmの割栗石を掘削した部分にくまなく敷詰めて行きます。基礎の床堀部分からでは50cmほど割栗が入っています。

全体では割栗石で5.5リューベ

耐震性を考え納骨堂の部分まで割栗を厚く入れ全体まで敷き詰めます。

掘削底にセメントを混ぜ地盤改良を行うと排水性が悪くなり弊害をもたらすので行いません。